ホラー 映画

映画『チャイルド・プレイ』のあらすじ!チャッキーがAIを搭載して帰ってくる!!

投稿日:

チャイルドプレイ

1988年に初公開されて以降、30年に渡り恐怖を与え続けてきた『チャイルド・プレイシリーズ』が2019年7月19日、新しくなって帰ってきます。

そこで今回は映画『チャイルド・プレイ』の気になるあらすじなどについてご紹介していきます。

映画『チャイルド・プレイ』作品情報

チャイルドプレイ

タイトル チャイルド・プレイ
日本公開日 2019年7月19日
上映時間 90分
監督 ラース・クレヴバーグ
脚本 タイラー・バートン・スミス
プロデューサー セス・グレアム・スミス

デヴィット・カッツェンバーグ

製作総指揮 クリス・ファーガソン
撮影監督 ブレンダン・ウエガマ
プロダクション・デザイナー ダン・ヘルマンセン
衣装デザイン ジョリ・ウッドマン
編集 トム・エルキンズ

映画『チャイルド・プレイ』あらすじ

最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品、“バディ人形”。引っ越しをして友達がいない少年アンディは、誕生日に音声認識やセンサー付きカメラ、高解像度画像認識などの機能が付いた高性能人形を母親からプレゼントされる。
自らを“チャッキー”と名乗る人形だが、実は欠陥品だと判明。
的外れな受け答えに最初はあきれるアンディだが、「君が一番の親友だよ」と話すチャッキーに次第に夢中になる。
その後、“彼”が豹変することなど知らずに―。

引用:チャイルド・プレイ公式サイト

映画『チャイルド・プレイ』主要キャスト

ここからは、映画『チャイルド・プレイ』に出演するキャストの方々をご紹介していきます。

オーブリー・プラザ(カレン役)

オーブリー・プラザ

引用:H&M

オーブリー・プラザは映画『チャイルド・プレイ』ではカレンの役を演じており、他にも『イングリッド-ネットストーカーの女-』、『天使たちのビッチ・ナイト』、『ライフ・アフター・ベス』、『ジョシーとさよならの週末』などの作品にも出演しています。

ガブリエル・ベイトマン(アンディ役)

ガブリエル・ベイトマン

引用:シネマトゥデイ

ガブリエル・ベイトマンは映画『チャイルド・プレイ』ではアンディの役を演じ、その他にも『ベンジー リメイク版』、『ライト/オフ』、『アナベル 死霊館の人形』、『トム・ソーヤーの盗賊団』などにも出演しています。

ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事役)

ブライアン・タイリー・ヘンリー

引用:シネマトゥデイ

ブライアン・タイリー・ヘンリーは映画『チャイルド・プレイ』ではマイク・ノリス刑事の役を演じ、その他にも連続ドラマ『アトランタ』、『THIS IS US 36歳、これから』などにも出演しています。

マーク・ハミル(チャッキー役)

チャッキー

映画『チャイルド・プレイ』でチャッキーの声を担当するのはマークハミルです。マークハミルは『スター・ウォーズ』でルーク・スカイウォーカーを演じ、また『バットマン』ではジョーカーの声を担当しています。

人形とアニマトロニクスの融合でチャッキーがよりリアルに!!

7月19日に公開される映画『チャイルド・プレイ』の中で出てくるチャッキーは実はCGではありません。

人形とアニマトロニクスという最新の技術も駆使し、よりリアルなチャッキーとなっています。

アニマトロニクスは、生物をもしたロボットを使って撮影する技術のことで、アニメションとエレクトロニクスを組み合わせて作られた言葉だと言われています。

この技術を使用することでコンピュータによって制御されたロボットを人工の皮膚で覆い、リアルで滑らかな動きのある生物を演出することができます。

アニマトロニクスが使われている例として代表的なものをあげると『ジュマンジ』に出てくるライオンやワニ。

ジュラシック・シリーズなどでも用いられています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は2019年7月19日公開の映画『チャイルド・プレイ』のあらすじや作品情報などについてご紹介しました。

アニマトロニクスと人形の融合でさらにリアルになったチャッキーの恐怖をぜひ劇場でご堪能あれ!!

-ホラー, 映画

Copyright© NO MOVIE NO LIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.